Salon de phytoca, Design and direction

東京・広尾、有栖川記念公園近くのアロマテラピーサロン、Salon de phytocaの空間デザイン、ロゴマーク、グラフィック、家具制作などを担当しました。「天井は非常に低く北向き」「マッサージベッドは2台」「6人でオイルのワークショップができるように」「躯体は触れない」…という難しいお題でスタートしました。
まず、躯体に触れずに空間をフレキシブル仕切るために、天蓋のようなものを配し、透けにくいレースカーテンをぐるりとまわすデザインを考えました。ワンルームのような広い空間と、レースカーテンを利用して暗くならずに3つの空間に仕切ることができます。インテリアは鉢植えの観葉植物と植物のアート、大きなソファを中心にゆったりとくつろげるものを揃えました。シャンデリアとマッサーベッドのエイジング、作業を考慮した少し背の高いコーヒーテーブル、看板類などの家具も自身で制作しました。